リフォームの豆知識(トイレ)

リフォームの豆知識(トイレ)

トイレリフォームのポイント

トイレはキッチンや浴室と同様、毎日使用する場所です。使用頻度が高いことから、床や壁も劣化しやすいうえ、「狭い」「臭いがこもりやすい」「寒い」等の不満がある場合は、生活の質を大きく損なう原因にもなります。 水回りのリフォームだけに、リフォーム後、万一工事に不備があった場合は、被る損害も少なくありません。リフォーム会社を選ぶ際は、排水工事の専門知識を持った水回りリフォームに強い会社を選びましょう。 また、トイレの種類や内装についてある程度知識を持ったうえで、自分の家庭に合ったトイレリフォームを依頼することも大切です。

広さ、使い勝手で選ぶ設備

快適なトイレ空間のためには、使いやすい便器選びがポイント。コンパクトなタンクレスタイプなら、狭いトイレも広々使えます。

水回りに適した内装材

湿気や汚れが気になるトイレは、汚れが付きにくく、お掃除も簡単な素材が大切。

形状・サイズ・デザイン

便器と便座を別々に選べる組み合わせタイプ、便器と便座をひとつにした一体型タイプ、タンク部分を収納で隠した収納一体型などがあり、それぞれサイズや形状が異なります。

価格・機能性

温水洗浄だけでなく自動でフタを開閉、洗浄する機能、清潔さをキープする機能などさまざま。同じ製品でも機能で価格が異なるので、使い方に合わせて選びましょう。

防汚性・清掃性

汚れが付きにくく落ちやすい素材や形状の工夫、新しい洗浄方式で汚れ落ちをよくした製品でお手入れをラクに。

省エネ性

従来の便器より大幅に節水できる便器が登場しこの節水タイプが主流に。便座の節電機能も進化していて要チェックです。

トイレリフォームはその他の水回りリフォームと一緒に行うと効率的

水回りは、一戸建て・マンションともにリフォーム頻度が高い部位です。給排水管を共用していることも多いため、トイレリフォームをする場合は、予算が許せば浴室や洗面室、キッチンなどのリフォームも同時に行うと良いでしょう。 水回りのリフォームは、同時に行うことでリフォームの総費用を割安に抑えることができます。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

施工事例

工事の流れ

よくあるご質問

お客様の声

新着情報

会社概要

リフォームへの想い

リノベーション専門サイト

PAGE TOP