リフォームの豆知識(キッチン)

リフォームの豆知識(キッチン)

キッチンリフォームのポイント

毎日使うキッチンは、心地よい空間でありたいものです。
家事導線が考えられている、使い勝手の良いなど、ライフスタイルや用途にあわせたキッチンにするだけで、日々のキッチン生活が楽しく過ごせるようになります。 デザインは人それぞれ好みがあると思いますが、キッチンリフォームのポイントは導線設計にあると思います。 家族構成、ライフスタイルなど用途に応じて、作業効率・導線設計を考える事で、使いやすいキッチンにリフォームする事が可能です。 ジースリーでは食を大切に、家族との食事がなによりも幸せと感じる事の出来るキッチンリフォームを目指しております。 キッチンをリフォームする際の知識として下記をご活用頂ければ幸いです。

キッチンスタイル

キッチンをリフォームする際、ダイニングやリビングとの空間とどのように繋げるかによって使い方が変わってきます。 キッチンは「独立型」「オープン型」「対面型」と他の空間との繋がりで形態も様々で、また「I型」「II型」「L型」「アイランド型」などのタイプがございます。 ここまで隠したい・見せたい、料理に専念したい、家族と交流できる場所にしたいなどライフスタイルや用途に合わせていくことリフォームプランを考えることが大事になります。

キッチンレイアウト

キッチンのレイアウトは4つの基本型と配列と、壁に対する配置の仕方による3つのタイプをどう組み合わせるかで決まります。キッチンをリフォームする際、使い方が一番のポイントですが、タイプによって必要なスペースが異なるため、キッチンの広さも考えながら最適なレイアウトを選びましょう。

キッチンのサイズ

使いやすいキッチンにリフォームするためには、使う人に適切なサイズであることが重要です。 一般的なシステムキッチンは、基本サイズが決まっているのでその中から体格に合わせて選びましょう。

・フロアユニットの奥行き
壁付けでは65㎝が一般的で、ほかに60㎝と75㎝タイプも。間口が取れない場合は、奥行きがあれば作業スペースが広がります。ペニンシュラやアイランド型では、90~120㎝が多く、最近では狭い空間に対応したスリムな75㎝タイプも登場。

・フロアユニットの間口
一般的なI型システムキッチンでは、幅240・255・270㎝が主流。この数字はシステムキッチンの間口大半が15㎝ピッチのユニットの設定のためです。キッチンの間口は、作業スペースとシンク・コンロのスペース配分で作業効率が変わります。

・ウォールユニットの高さ
デッドスペースになりがちなウォールユニットは、使いやすい高さに設置することが大切。システムキッチンの場合は、高さ50・60・70・90が主流。身長やスペース、収納したいアイテムに合わせて選びましょう。

・フロアユニットの高さ
一般的には「身長÷2+5㎝」という計算式でフロアユニットの高さを割り出します。最近では、身長が同じでも肘の高さが違うことから「立ったときの肘の高さ-7㎝」という計算式も登場。自分にとって使いやすい高さを選ぶことが大切。

キッチンのスペース

キッチンをリフォームする際、レイアウトは作業効率、動きやすさを考えて配置しましょう。

・ワークトライアングル
キッチンの動きやすさの目安としてキッチンの長さを視覚的に表した「ワークトライアングル」があります。作業の基本となるシンク・コンロ・冷蔵庫の3点を結んだ三角形のことで、その一辺の距離が2歩程度、3辺の和が3.2~6mが使いやすい距離とされています。



・通路の幅
キッチンの背面に収納がある場合やⅡ列型の場合は、通路の幅も検討が必要。一般的には、85~90㎝で、このサイズなら振り向いて手が届き、後ろを人が通れます。キッチンに1人だけなら75㎝でもOKですが、開き戸のユニットには注意が必要です。また、2人で調理する場合は120㎝程度確保しましょう。
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

施工事例

工事の流れ

よくあるご質問

お客様の声

新着情報

会社概要

リフォームへの想い

リノベーション専門サイト

PAGE TOP